東京で受けられる本格派アーユルヴェーダサロンを、体験料金で比較し厳選しました。

本格派なのにリーズナブルな東京のアーユルヴェーダは?

初めてならまずこのサロンをチェック
東京の本格派アーユルヴェーダ8選 美容家が集うサロンはココ » キホンのキ!アーユルヴェーダはドーシャを知らないと始まらない

キホンのキ!アーユルヴェーダはドーシャを知らないと始まらない

ドーシャとは生命エネルギーのようなもので、アーユルヴェーダでは宇宙や自然を支配するのは「3つの生命エネルギー」と考えられています。

3つに分けられるドーシャは「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」と呼ばれ、それぞれに特徴があるんですよ。

人にはそれぞれ増えやすいドーシャがあって、それを体質と考えます。アーユルヴェーダでは増えたドーシャが毒素になり、体調を崩すと考えられていますので、バランスを整えることが重要なのです。

ヴァーダ・ピッタ・カパの特徴

ヴァータ(VATA)

「風」「空」の元素をもつ。痩せていて太りにくい、骨格が華奢、好奇心が強いけれど飽きっぽい、早口、冷え症、色白、便秘気味、血行不良などがある。心配性で不安になりやすい…などの傾向があります。

ピッタ(PITTA)

「火」「水」の元素をもつ。中肉中背で筋肉質。正義感が強く、情熱的、知的でリーダーシップがある。プライドが高く、少し見栄っ張り。短気なところがあり、時に攻撃的な面あり。食欲旺盛、汗かき…などの傾向があります。

カパ(KAPHA)

「水」「地」の元素をもつ。骨格がしっかりしていて、グラマラス。丈夫だけど太りやすい。精神的に安定していて、穏やかで優しい。体力、持久力があり、動作はゆっくりしていて、マイペース。花粉症や気管支炎になりやすい…などの傾向があります。

各タイプに適した食事法・生活リズム

アーユルヴェーダのドーシャは生活全般に対して当てはめて考えられるものですから、食事や日常の過ごし方などもその人に合ったものでなければならないと考えます。各タイプに合った、食事法・生活リズムを簡単に紹介しましょう。

ヴァータ(VATA)

ヴァーダ体質においての食事はヴァータを増やさないものを摂る、つまり反対の性質の食材や食事法をします。ポイントは温かい食事、オイルなどを含んだ適度に重いものを摂ること。そして規則正しい生活を送ることが大切です。

ピッタ(PITTA)

ピッタ体質は火のエネルギーが強いので、それを抑えるようなものを選ぶ必要があります。果物や野菜、乳製品などがおすすめですが、特に熱を取る作用のある夏野菜などが良いです。熱いものはさけ、量を控えめにします。また、できるだけ穏やかな気持ちで過ごしましょう。

カパ(KAPHA)

カパ体質は冷たく、重いので、その反対の質のもの、つまり温かく、軽いものを中心にした食事になります。量も少なめにします。油も控えめにし、ダラダラと食べないようにします。また時にプチ断食をするなど、胃腸の状態も軽く…を心がけると良いでしょう。

アーユルヴェーダはまず、このドーシャタイプがわからないと始まりません!ドーシャタイプが簡単にわかる診断テストを設けてあるので、ご自分のドーシャが何かをチェックしてみてください。

東京でアーユルヴェーダを受ける前に…簡単なドーシャ診断テストはこちら

最も効果を感じられた東京のアーユルヴェーダサロンは?

東京のアーユルヴェーダサロン3店へ行き、本格的な施術を体験してきました。なかには、ウエストが-〇cm痩せたサロンも!サロンの雰囲気やスタッフさんの対応についてもまとめています。

最も効果のあった
アーユルヴェーダサロンについて知る